スクラップブックを作ってみよう

Home

スクラップブックを作ってみよう

スクラップブック作りのアドバイス

スクラップブック作りは、本作りのアートであり、ページを構成したり、写真や記念品、日記、装飾を挿入したりします。クロッピングとして知られるスクラップブック作りの主な目的は、将来の世代のために思い出を保存することですが、それはまた、スクラップブックで思い出をどう見せるか自分の想像力を活用することも含まれています。

スクラップブック作りの歴史

スクラップブック作りは、15世紀~16世紀以来趣味として行われてきました。スクラップブック作りは、初期には本に使われるただのセットでした。これらのカテゴリーには、情報、グリーティングカード、商品の切り抜き、チケットや演劇などが含まれてました。1980年代に、モルモン教徒がコミュニティや信仰の歴史を保存したいという願いから、スクラップブック作りが派生してきました。このアイデアは、コミュニティの思い出を切り取って保存したいと思っていた多くのホームフォトグラファーの間に普及しました。そしてこれは、Casino Scrapbooking – Scrap Your Tripの可能性を広げました。

2001年から2005年の間、この趣味は特に人気で、2003年には1600社以上がスクラップブック作りアイテムを生産する25億ドルの市場となっていました。ブロガーの人気が高まっているためか、スクラップブックの電子ショッピングが流行しており、オンラインでハードコピーを交換できるようになりました。

今日のスクラップ

スクラップブック作りは、仕事をしつつ家族の人生を記録するのに役立つので一般的になっています。これにはまた、ギフトブックが含まれます。「Project Life」は、より速くかつスムーズに出来事や達成したことを記録する一つの方法であり、様々なページ(紙、写真スリーブなど)用のバインダーがあります。

米国では、400万人以上の女性がスクラップブック作りをしています。季節のカレンダーや大人の絵画など、スクラップブック作りに関して行われている企画やゲームもあります。EXPO、アート&ホビー協会(CHA)などスクラップの見本市も増加しています。

.

スクラップブック作りをしてみよう

スクラップブックは、消耗品を使って作れます(寸法は12cm /12インチぐらいの正方形などいろいろあります)。特別なペンやマーカーを用いたユニークなスクラップブックのページデザインは、はさみ、装飾紙、塗料、ステッカーなどその他の装飾を使うこともできます。スクラップブック作り用の部屋をオープンしているクラフトショップもあります。

カット用ツール:まっすぐな刃先の大小ペアが必要になります。装飾用のはさみ、トリマー、カッターもあります。その他のオプションとして自動型抜き機があります。

ダイカット:ダイカットとは、ページに追加できる紙の種類を切り取ったものです。既製品になっていて、パッケージを入手できます。

紙:いろいろな色紙と柄紙が必要になります。紙は12×12″シートまたは8.5×11″シートがあり、「Casino Scrapbooking – Scrap Your Tripでは1枚または束で販売されています。

ペン:顔料インクタイプを使用しましょう。耐色性、防水性、色あせ防止に優れています。ページに描き込む前に、必ずまずスクラップ紙に試し書きしてください。

画像:スクラップブックのページで一番大事なのは、写真です。最高の品質のスクラップブックを作るためにも、躍動感がありピントの合った写真であることを確認してください。

パンチ:パンチとは、紙を切り取るために様々な方法で使用される器具です。

スタンプ:ゴム製のスタンプで、スクラップブックのページの魅力を高めます。