スクラップブック作りのステップ

Homeギャンブルのスクラップブック

スクラップブック作りのステップ

スクラップブックの材料

15世紀~16世紀以来、今とは違う形でスクラップブック作りが行われてきました。スクラップブック作りは、初期は本に詰め込まれたただのセットでした。収集品には、式辞、ウェルカムカード、ちょっとした思い出の品、チケットや映画などが含まれていました。1980年代に、モルモン教徒が家族や信仰の歴史を保全しようと情熱を燃やし、そのためにスクラップブック作りを始めました。Casino Scrapbooking – Scrap Your Tripは、このように長期間にわたって自分の家族の思い出を記録して保管するために写真を集めます。

スクラップブック作りがよく行われるのは家族の人生を記録したり、それを通じて他の人と交流したりできるからです。祝福用の本である「Project Life」は、本作りを練習し、ポイントを比較するためのフレームワークにできるでしょう。簡単で、写真、書類、スリーブ、周囲の装飾を伴うものです。米国では、約400万人の女性がスクラップブック作りをしていると言われています。スクラップブック作りに関して、テンプレート作りや大人の塗り絵、レクリエーションイベントなどがあります。

カジノのスクラップブック作りのステップ:

背景の紙を一枚選びます。スクラップブックのホッチキスの代わりに中性紙のカードストックでも良いでしょう。装飾や写真、思い出の品などをまとめるしっかりとした書類になります。こうした機能は、アルバムのページをベースとして使用するのに最適です。カードストックには、いろいろな色、表面、包装があります。カードストックを選んだら、スクラップブックの基本色、つまりそのアルバムに使いたい色に合わせて、色合い、表面、包装を選びましょう。また、カードストックを使って肖像画を描いたり、絵や装飾を描いたりすることもできます。ルミナス、光沢、マット、グリッターといった仕上げがあります。

自分のテーマに合うカスタマイズされた紙を購入しましょう。

Casino Scrapbooking – Scrap Your Tripは、中性紙によって構想を表しトピックを明確にし、収集しやすくします。自分のテーマを表し、自分なりの色使いに合わせてデザインを選ぶ必要があります。軽量紙は、補足の背景に用いられます。常夏の地での娯楽やステップリサイタルを控えたバレエダンサーなど、自分なりのテーマを表現するデザインを選択し、デザインのテーマや構成に合った紙をページ用に選ぶことができます。パターンや色をうまく組み合わせられるように、印刷済みの紙を購入すると良いでしょう。

紙はしっかり確認しましょう。

スクラップブック作り愛好家は、丈夫な紙やいろいろな材質の紙などもコレクションに用いています。紙は完全に透明でもよいですし、印刷済みのデザインがあっても大丈夫です。背景や透かし用に使えるものもあります。購入する紙は、統一感をもたせるため、使用予定のカードストックや工芸紙と合うものがいいでしょう。テーマや色味に無関係な紙はやめておきましょう。